1人ひとりに合わせた求人サポートについて

自分を守るため

相続放棄するための方法について

相続では、借金などのマイナスについても相続人が責任を負うことになります。そのため、相続人は、自分の意志により相続権を放棄する相続放棄を行うことが可能です。 相続放棄するためには、亡くなった人の住所地を管轄する家庭裁判所へ原則として相続人が申請を行います。原則として、相続が開始してから3ヶ月以内と期限が定まっています。必要な書類としては、相続放棄申述書や被相続人の住民票の除票、戸籍謄本などが必要となります。審理のために必要な場合によっては追加書類が必要となります。申立人1人につき800円分の収入印紙と連絡用の郵便切手が数百円分必要になります。相続放棄が受理された証明書が欲しい場合には、申請用紙に必要事項を記入し収入印紙150円分をそえて申請する必要があります。

相続放棄を行う際の注意点について

相続放棄には、メリットもデメリットもあるため、慎重な判断が必要になります。しかし、相続放棄ができる期限は3ヶ月と定められているため、できるだけ早い段階から行動する必要があります。期限をこえてしまった場合には、放棄できないことがあります。 相続放棄を行う場合には、借金の存在を知らなくても、相続を認めたような行為である単純承認を行なうと放棄が認められなくなることがあります。どの行為が該当するか判断は微妙なため、借金があることがわかっている場合には、早めに専門家に相談したほうが安心です。また、放棄する場合には、プラスの財産も放棄することになります。財産を受け取らない場合には、相続放棄したほうが安心感を得ることができます。