1人ひとりに合わせた求人サポートについて

相続税対策

不動産を伴う相続税のシミュレーションは慎重に

相続税対策として所有する不動産を用いたアパートマンション経営を始められる方が大変増えています。 相続税対策のためのアパートマンション経営は不動産管理会社の提供する一括借り入れの制度とセットですので、事前に不動産管理会社の示すシミュレーションを見て契約を決めたはずです。 しかし、初めて不動産経営を行う人と不動産管理会社の担当者では知識の差がものすごくあります。 これでは必要な情報を聞きそびれている場合も考えられます。 また、概して不動産管理会社の示すシミュレーションは将来に対する見通しが楽観過ぎるものもあります。 不動産管理会社と関係のない第三者的な意見をくれる会計の先生を早めに見つけておく必要があります。 不動産管理会社の示す収入のシミュレーションと、会計の先生に作成を依頼する相続税のシミュレーションを付き合わせて将来の対策をするのが基本的なテクニックです。

アパートマンション経営をしている人の相続税対策

アパートマンション経営をしている方の相続税対策は、基本的に賃貸物件建設時の負債と相続時の資産の合算による相続税の減少を狙うものです。 一括借り入れを管理している不動産管理会社に作成してもらったシミュレーションがあるから、もう自分のところは大丈夫だと手放しで安心されている方も多いと思います。 しかし一括借り入れというのは家賃収入を保証するものではありません。 空室率が上昇した場合などは、会計の先生とシミュレーションを再度行う必要があります。 所有不動産周辺の環境が激変し、家賃に影響を与える場合などにもシミュレーションをする必要があります。 シミュレーションをするメリットは、以前計算したシミュレーションと比べることでより将来の見通しが立つことです。 何度も行う工夫をすることでよりよい回答が見つかるはずです。 場合によっては負債をなくすために所有不動産を売却した方が良い場合もあるものです。 なぜなら相続税対策のつもりが、負債ばかりを残す結果になる場合もあるからです。 気をつけたいものです。